ARアプリ「COCOAR2」クロマキー動画機能追加について

ARアプリ「COCOAR2」に、クロマキー動画が新機能として搭載されました。
スマホをかざすと、その場に人物が現れたような表現が可能になりました。

 

「COCOAR2」クロマキー処理とは?

グリーンバックなどで撮影された動画や、アニメーションをCOCOAR2で表示する際、特定の色(緑RGB 0,255,0)だけを取り除き透過させ、印刷物と動画を組み合せたような表現が可能になります。

クロマキーイメージ

クロマキー技術は主に映画の撮影で活用されたり、最近はデジタルサイネージにも使用されるなど、今後のプロモーション施策の多様化が期待されています。

 

「COCOAR2」対応OS

  • iOS:7.0以上
  • Android:4.0以上

上記以外のOSでは、COCOAR2のクロマキー処理は利用できません。

 

クロマキー処理対応のAR広告作成について

<お客様でご用意いただくもの>

  • グリーンバックで撮影した動画データ(1280×720程度)、フォーマット:mp4
  • マーカーとして登録する画像データ:最小480×480ピクセル以上

※グリーンバック以外の背景色の場合は、グリーンバックに修正後入稿ください。
※但し、ブルーバックの場合は有料で承りますが、動画データはできるだけ最大サイズで保存のうえご入稿ください。
※AR広告制作料金は、こちらをご覧ください。お見積もりが必要な場合は、スティックまでお気軽にお問合せください。

関連記事

株式会社スティックについて

株式会社スティックのホームページをご覧いただきありがとうございます。弊社は創業から27年、オフセット印刷・オンデマンド印刷を中心にデザイン制作、販売促進のお手伝い、ウェブサイト制作のお仕事を承っております。お気軽にお問合せください。弊社のサービスに関するお問合せは、下記より承っております。

お見積もり・お問合せはこちら


ページ上部へ戻る