オフセット印刷品質に近づいたけど「オンデマンド印刷」ってどうなの?オンデマンド印刷とオフセット印刷の比較について

img_0410

近年、印刷会社に関係する業種ではなくても、「オンデマンド印刷」という言葉を耳にする機会が多くなったのではないでしょうか?
通常、印刷物を印刷会社にお願いすると、一般的にはオフセット印刷という方法で印刷物を印刷します。もともとは印刷といえば、「オフセット印刷」が主流だったためです。
しかし、オンデマンド印刷機の印刷品質向上により、印刷方式の選択肢が増えましたが、印刷を以来する側からすれば、どっちがよいのか迷いますよね。
そこで、オンデマンド印刷とオフセット印刷の違いを比較してみたいと思います。

オンデマンド印刷とオフセット印刷の違いとは?

オフセット印刷は、印刷の際に「版」を作ります。版からブランケットというものに転写し用紙に絵柄や文字を写していきます。オンデマンド印刷は、オフセット印刷の「版」を作る作業を省略できます。

簡単にいうと、「版」を使うのがオフセット印刷、「版」を使わないのがオンデマンド印刷ということです。※現行機種では、「版」を使わないオフセット機もあります。
オンデマンド印刷は、自宅などで使っているパソコンとプリンターの関係に似ています。

オンデマンド印刷とオフセット印刷はどちらが綺麗に印刷できるのか?

オンデマンド印刷機の印刷品質向上でオフセット印刷に近い仕上がりが実現可能になりました。各メーカーとも色の再現性や細かい線の再現に力を入れています。
ベタ色やグラデーションなどの図柄の再現性はやはり、オフセット印刷に軍配があがります。
しかし、技術は進歩していますので、もしオンデマンド印刷の品質をみたいという方は、近所の印刷会社の担当者にサンプル出力を依頼してみましょう。
また、オンデマンド印刷機のメーカーや機種によっても、品質(色の再現性など)が変わりますので、時間に余裕があるのでしたら、数社にお願いしてもよいでしょう。
文字メインの文集や図集、モノクロの冊子など、オフセット印刷とオンデマンド印刷は印刷品質に違いはほぼありません。

オンデマンド印刷とオンデマンド印刷の印刷価格について

オンデマンド印刷は印刷料金が安いというイメージがありますが、料金は印刷物の仕様(大きさ・枚数・用紙の種類、加工方法など)で変わります。

どちらの印刷方法を選択するかの判断基準としてよく採用されるのが、「部数」です。
大量に印刷するなら「オフセット印刷」、少部数なら「オンデマンド印刷」という具合。
しかし、料金設定は印刷会社によって異なりますので、作りたい印刷物の仕様を伝えて金額を確認する必要があります。

オンデマンド印刷はどのようなシーンに向いているのか?

弊社のオンデマンド印刷サービスを利用していただいているお客様の利用シーンからオンデマンド印刷はどのようなシーンに向いているのかをあげてみたいと思います。

1.印刷納期が極端に少ない印刷物

オンデマンド印刷は、これは少部数に限ってになってしまいますが、例えば午前中にデータを送って午後に納品も可能。しかし、オフセット印刷の場合UV印刷の場合は、かなり早く印刷も仕上がる場合もあり。

2.発行部数の少ない会報誌

社内報やクラブ報、町内会の資料など、少部数の場合はやはりオンデマンド印刷が強い。

3.ノベルティ

部数が少量印刷ということが多いノベルティ。特に卓上カレンダーはオンデマンド印刷に向いています。

4.座席番号や名前などの入力が必要なチケットやDM

オンデマンド印刷は版が必要ないため、1枚1枚内容の違う印刷物を作ることが可能。入れ込む情報が多いほど、オフセット印刷よりかなり安価に印刷が可能です。

5.特殊な用紙を使った印刷物

トナー方式が主流のオンデマンド印刷は特殊な素材に印刷することが可能です。
サテン系の素材やPET素材などに出力することが可能です。

オフセット印刷では印刷できる素材でも印刷料金が高額になる場合があるので、オンデマンド印刷で出力できる素材の中から探してみるのも一つの方法かもしれません。

オンデマンド印刷機を保有している印刷会社では、無料又は有料でサンプル出力をしてくれると思いますので、頼んでみる価値はありますね。

関連記事

株式会社スティックについて

株式会社スティックのホームページをご覧いただきありがとうございます。弊社は創業から27年、オフセット印刷・オンデマンド印刷を中心にデザイン制作、販売促進のお手伝い、ウェブサイト制作のお仕事を承っております。お気軽にお問合せください。弊社のサービスに関するお問合せは、下記より承っております。

お見積もり・お問合せはこちら


ページ上部へ戻る