チラシの販促効果を上げる写真の選び方

食材の写真補正写真

チラシの印象が決まる写真とは?

新聞の朝刊などに折り込まれてくる様々なお店のチラシ。
いかに顧客の消費欲求を喚起できるか、担当者やデザイナーは知恵を絞ります。
しかし、チラシの印象を決めるのは「キャッチコピー」と「ビジュアル(写真)」です。

渾身のキャッチコピーでも、メインビジュアル(写真)が悪いと、顧客の消費欲求を満たすことはできないばかりか、悪いイメージを与えかねません。

食材の補正イメージ

上の写真は写真補正の前と後を比較した写真です。
どちらが良いと思いますか?

チラシに載せるなら下の写真ですよね。
写真の選び方次第で、チラシの印象がとても変わります。

メインビジュアルを決めましょう

折り込みチラシのレイアウトで重要なのが、顧客を惹きつけるキャッチコピーとメインビジュアル(写真)です。
せっかく撮った写真だから全部載せたい気持ちはわかりますが、すべての写真を目立たせるレイアウトはありません。複数の写真を載せたい場合は、写真に優先順位をつけて、かつ写真の大きさに大小(強弱)つけて、バランスを整理しましょう。

商品のベネフィットを捉えているか

チラシのメインビジュアルとして使用する写真は、その商品やサービスを利用することで、顧客がどのような利益が得られるかを考えた写真であることが重要です。
商品のパッケージが重要ではありません。
「料理が美味しそう」「野菜が新鮮そう」と思わせることがベネフィットにつながります。
チラシのメインビジュアルは、「商品やサービスの魅力が伝わる写真」を意識したものを準備しましょう。




関連記事

株式会社スティックについて

株式会社スティックのホームページをご覧いただきありがとうございます。弊社は創業から27年、オフセット印刷・オンデマンド印刷を中心にデザイン制作、販売促進のお手伝い、ウェブサイト制作のお仕事を承っております。お気軽にお問合せください。弊社のサービスに関するお問合せは、下記より承っております。

お見積もり・お問合せはこちら


ページ上部へ戻る