COCOAR2で動画オブジェクトを作成する際のポイント

今日もスティックのホームページをご覧いただきありがとうございます。

さて、スティックのサービスとして提供しているCOCOAR2の制作サービスですが、COCOAR2で表示するコンテンツ(動画や音声など)でどのような保存形式(サイズや容量など)を設定したらよいか。よくご質問をいただきますので、ポイントをお伝えしたいと思います。

1.COCOAR2の動画ファイル推奨値

COCOAR2の動画オブジェクトをまんべんなくどの端末でも正常に再生させるには、端末に対応した動画データ形式で保存する必要があります。
「動画が停止する」「真っ暗になって音声だけ再生している」「エラーが表示される」といったトラブルの場合には、動画を保存する形式にも問題がある場合があります。

動画ファイルの推奨値

推奨条件 備考
ファイル形式 .mp4 動画規格の一つ(拡張子)
コーデック H.264 / MPEG-4 AVC 動画圧縮規格の一つ
プロファイル ベースラインプロファイル
(Baseline Profile)
圧縮技術・表現方法などの定義
レベル Level 3.1 / @L3.1 映像の品質を決めるパラメータ
フレームレート 15〜30fps 1秒間に表示される描画数・コマ数
ビットレート 500〜1500bps 1秒間に送信されるデータ容量
容量 10〜15MB 動画のサイズ

動画編集ソフトによっては、コーデックの設定ができないもののあるかもしれません。
ご依頼ただいた際に、規定の推奨値になっているかはお調べいたしますが、場合によっては変更等をお願いする場合がございますので、ご了承ください。

2.COCOAR2で動画をぴったり表示させる方法

普段目にしているテレビや映画は、16:9の縦横比で放送されています。
動画の縦横比を設定される際、または、COCOAR2用の動画オブジェクトを撮影または編集する際は、4:3または16:9に設定し、撮影ください。
書き出した動画の縦横比を確認する際は、Macの場合は、「コマンド+I(アイ)」で情報が確認できます。Winの場合は、右クリックの「プロパティ」で確認することが可能です。

撮影後や編集後だと縦横比の変更はトリミングやレイアウト変更をしなければいけないばあいがあるので、撮影前や編集前に必ずご確認をお願いします。

関連記事

株式会社スティックについて

株式会社スティックのホームページをご覧いただきありがとうございます。弊社は創業から27年、オフセット印刷・オンデマンド印刷を中心にデザイン制作、販売促進のお手伝い、ウェブサイト制作のお仕事を承っております。お気軽にお問合せください。弊社のサービスに関するお問合せは、下記より承っております。

お見積もり・お問合せはこちら


ページ上部へ戻る