Webサイトのスマートフォン対策のすすめ◎

東北北部でも梅雨明け宣言され、本格的な夏!到来です◎

さて、4月の話になりますが、Googleウェブマスター向けブログで発表になった、Webサイトの検索結果にモバイル対応の可否が影響するという記事。

Google では、4 月 21 日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。この変更によって、検索ユーザーは、クエリへの関連性が高く使用端末にも適した高品質な検索結果を見つけやすくなります。

どういうことかというと、2015年4月21日からGoogleの検索結果のランクづけするための計算方法(アルゴリズム)をアップデートしました。
その際、スマートフォン対策をしているWebサイトを検索結果の上位に表示するというものです。

つまり、スマートフォン対策をしていないWebサイトは、スマートフォンからの検索結果のランキングが下位方向へ下がる可能性があるということです。

 

モバイル(スマートフォン)対応について、キーワードは「最適化」

PCサイトをスマートフォンで表示すると、PC画面の4分の1程度に縮小されて表示されてしまいます。
PCサイトしかない場合は、スマートフォンやタブレット端末用に最適化されたページを作る必要がでてきます。

Googleでは、サイトの表示をスマートフォンに最適化させる方法を推奨しているようです。
スマートフォン用のサイトを別に作ると、検索エンジンが2重に巡回する必要があり、検索結果の表示が複雑になるためのようです。

サイトを一つにして、構造をシンプルにしてあげることで、Googleが見回りやすくなる環境を整え、結果、検索結果の上位が目指せるということにつながるようです。

ちなみに、Googleが今お使いのウェブサイトがモバイル用として最適化しているかの指標として、デベロッパーツールを提供しています。

モバイルフレンドリーテスト

 

モバイルフレンドリー

 

スマートフォン対応のサイト制作をご検討ならご相談を

解析ソフトなどでお客様のサイトに訪問するユーザーが「どのような方法でアクセスしているのか」を調べることが必要です。
Googleアナリティクスなどのサービスを利用する方法もございます。
なぜ、調査が必要かというと、ユーザーが御社のウェブサイトを検索して来訪する手段として、PCサイトの割合が大きい場合は、影響は少ないでしょう。
スマートフォン対策には、数十万程度の費用がかかりますので、まずはアクセス解析などで現在のサイトの状況を把握してからでも遅くありません。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

関連記事

株式会社スティックについて

株式会社スティックのホームページをご覧いただきありがとうございます。弊社は創業から27年、オフセット印刷・オンデマンド印刷を中心にデザイン制作、販売促進のお手伝い、ウェブサイト制作のお仕事を承っております。お気軽にお問合せください。弊社のサービスに関するお問合せは、下記より承っております。

お見積もり・お問合せはこちら


ページ上部へ戻る