電子ブック制作について

女性二人iPadイメージ『電子ブック制作サービス』は、カタログ、パンフレット、書籍などの印刷データを活用して、紙面のデザインそのままに、PCやスマートフォン・タブレット端末で本をパラパラめくる感覚で閲覧することができるコンテンツを制作するサービスです。紙や資源を使わないので環境に配慮した本をご提供します。

ebook・電子ブックとは

パソコンやタブレット端末、スマートフォンで本をめくるような動作で動くWeb上の表現手法の一つをebook又は電子ブックと呼ばれています。その他、デジタルカタログ、デジタルブックといった様々な名称で呼ばれています。 現在では、コミックや雑誌、カタログ、パンフレットをWeb上で閲覧できるように行い、ウェブサイトへの集客をうながす目的などに利用されています。 また従来は用紙に出力して配布していた媒体をWeb上に掲載することで、コスト削減新しいマーケティングツールとして使用したり、社内文書や営業の販促ツール、デモンストレーション用やマニュアルの電子化などへの利用も進んでいます。 一般的な電子ブックサービスの流れ

ebook・電子ブックのメリット

ユーザビリティーの向上

電子ブックは、表示が軽く紙をめくるような直感的な動作で分かり易い機能が特徴です。 PDFだと縦スクロールの負担やダウンロード時間にも時間がかかる場合が多いのが難点でした。視覚的にも注目を引かせることで、Webの滞在時間やアクセス向上にも効果が期待できます。

WEB制作の手間を軽減

紙面のデータをそのまま二次利用できるので、WEB作成の手間を軽減が期待できます。

紙にはなかった表現

電子ブックには、動画や音声、リンク設定(Webの商品ページなど)が挿入可能です。紙にはなかった表現や動作が可能です。 例えば、カタログの商品紹介ページにECサイトへのリンクを挿入し、購入者へのアプローチを図る方法などにも利用が可能です。

紙の削減

社内報など社内で印刷していた印刷物もWEBで配信したり、パンフレットの部数を減らし、WEBで配信するなどすることで、使用する紙や資源を削減につなげる効果が期待できます。

ログ解析

ヒートマップ型のログデータも閲覧可能で利用者の動向を解析、ページ毎の滞在時間、リンクのクリック数や閲覧数などのデータがとることが可能です。 次のパンフレットやカタログの改善にも利用することが可能です。

ご利用シーン例はこちらをご覧ください。

入稿データについて

入稿データのファイル形式

・ページデータ:PDF、JPEG、BMP、GIF、TIFF、PNG ※ 単ページの仕上がりサイズにしてください。見開きやトンボ付きの場合は別途「データトリミング」料金が発生します。 ※ ファイル形式がページによって違う場合は別途料金が発生する場合がございます。 ※ フォント情報を含んだデータもしくはアウトラインデータにしてください。 ※ フォントに「Dyna Font」は使用しないでください。(文字化けの原因となります) ・動画データ:mp4 ※ mp4以外の形式で入稿の場合は変換料をいただきます ・音声、BGMデータ:mp3

動作環境について

アプリ版の動作環境

・iPhone/iPad 電子ブック閲覧専用アプリにて動作 ※アプリは「App Store」にて無料で配布されています。 動作環境:iOS 4.3 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み ・Android 電子ブック閲覧専用アプリにて動作 ※アプリは「Google play(Playストア)」にて無料で配布されています。 動作確認端末はGoogle Playをご覧下さい。

電子ブックの主な機能についてはこちらをご覧ください。

お問合せ先

株式会社スティックについて

株式会社スティックのホームページをご覧いただきありがとうございます。弊社は創業から27年、オフセット印刷・オンデマンド印刷を中心にデザイン制作、販売促進のお手伝い、ウェブサイト制作のお仕事を承っております。お気軽にお問合せください。弊社のサービスに関するお問合せは、下記より承っております。

お見積もり・お問合せはこちら


ページ上部へ戻る